完済と借り入れ 繰り返し 過払い金請求

MENU

完済と借り入れを繰り返した際の過払い金請求

貸金業者からお金を借りるときにの利息は、法律で上限が決められています。

 

でも利息を多く払いすぎるのが、過払いです。
過払い金請求について話題になっていて、貸金業者からお金を借りた場合に発生するトラブルです。

 

 

利子を払い過ぎてしまって、後で問題となるパターンの多くは、1つの金融業者からお金を何度も繰り返し借りては返していくということから起ってきます。

 

 

要はそれぞれの借りと返済が独立した契約形態なのか、継続した取引の中で行われてきたかで、過払いだったのかが、問題となってくるのです。

 

 

過払いで多く利子を払ったのであれば、当然後から返済して貰う請求が可能なのです。
でも、「完済契約」なのか「一連契約」なのかは、かなり難しいので、素人には判断が付きにくいことは確かです。

 

 

過払いには請求期間が設けられていて、時効となると請求できません。
素人では相手の金融業者はプロですから過払いの請求はそんなに簡単ではないので、司法書士に相談して任せたほうが近道です。

 

 

司法書士としては、相手との間に入ってくれて難しい交渉を変わりにしてくれます。