一度完済 過払い金請求

MENU

一度完済してまた借りていた場合の過払い金は請求できるのか?

過払い金請求をしようと思っている人の中にはお金を借りて一度完済してまた借りている人もいます。
そんな時に気になるのが過払い金請求はどこまでの取引まで遡ってすることができるのか?という疑問です。

 

ちなみに過払い金請求の時効は最後の取引から10年後まですることが可能です。
なのでずっと借り続けていて、完済したのが10年以内であれば過払い金請求はできます。

 

では、一度完済してまた数ヶ月後や数年後に同じ業者からお金を借りていた場合はどうでしょうか?
パターンとしてはこれらの取引が一連の取引として扱われるのか、別の取引として扱われるのかで変わります。

 

ちなみに一度完済した時期が10年以内であればどちらにとっても過払い金請求はできます。
なので問題は一度完済した時期が10年以上前というケースです。

 

実はこのような場合、状況によっては裁判所でも判断が分かれる難しいことになります。

 

その際に基準の一つになるのが一度完済してから次に借入をした際の期間です。
絶対ではありませんがこの期間が数か月から半年程度の場合は一連の取引として扱われる可能性が高いです。

 

つまり、一度完済していたとしても最初の取引まで遡って過払い金が請求できるということですね。
しかし、完済してから次の取引までの期間が1年以上空白の期間があると判断が難しくなります。

 

このようなケースでは単純に空白期間の長さだけではなく両方の取引の契約内容なども判断材料となって
問題が複雑化するようなケースもあるのでこういった場合は自分でなんとかしようと思うのではなく
弁護士など専門家に依頼したほうが確実に良い結果につながるのではないかと思います。

 

また一度ではなく二度三度完済を繰り返しているような場合も一概に期間だけでは判断できませんので、
専門家に相談してみることをオススメします。