過払い金請求 メリット デメリット

MENU

過払い金請求のメリットとデメリット

生活や仕事の関係から、貸金業者からお金を借りる場合があります。
貸金業者の中には、グレーゾーン金利でお金の貸付を行う業者も存在しています。

 

このような貸金業者からお金を借りた場合には、本来返却すれば良いお金よりも多くのお金を返却してしまっている場合があります。
このような余分に返却してしまったお金は、過払い金と呼ばれ、貸金業者に対して返却を求めることができるようになっています。

 

過払い金請求は、完済してからも10年以内の取引である場合には、請求を行うことが可能となっています。
自分で過払い金請求を行うことも可能となっていますが、しっかりとした過払い金請求を行うためには、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼を行うことが重要となっています。

 

このように、過払い金請求には自分の過大な返却分を取り戻すことができるという大きなメリットが存在しています。
また、過払い金請求は、ブラックリストなどに登録されることにならないため、信用情報に影響を及ぼすことはありません。

 

借金が減ることになるため、その後の返済も安定することになります。
このようなメリットに対して、デメリットは、同じ貸金業者からお金を借りることが困難となること程度となります。

 

そのため、メリットの方が大きくなっているため、安心して利用することができます。
過払い金請求は、かなりの高額になる場合もあります。
金額が大きくなった場合には、訴訟も検討する必要があります。